さて、このマラソン大会に我が子が出場したのは3回目。

1年目、ぶっつけ本番。2年目、今年はちょっとやってみるか!と、大会1ヶ月まえになって走ってみることに^^;

しかし、普段から普通に歩いているだけでも危ない彼を、ひとりでランニングさせるわけにはいかない。

よし!これを機に、お母さんもいっしょに走っちゃおうかな❤︎みんな見てろよ!痩せちゃうぞ〜!

‥産まれてからランニングなんて、したことない私。スタートしてすぐ彼を見失った。

そして、最初の信号で、もう走れなくなった。お腹いたい。太腿もいたい。体が重すぎる。

痩せるために走るには、まず「痩せなければ走れない」ことがわかった。だから、辞めた。

でも、やっぱり付いていってみないと、危ない。彼は、危ない。

お母さん、自転車。それも、電動^^;

むっちゃ楽ち〜ん❤︎スイスイ走る〜。調子に乗って、息子を抜かしてスイスイ走って、先に家に帰る。もはや「危ないから付いて行ってる」という本来の目的は全く果たされず。

3年目の今年も、このほとんど無意味な練習法で、やはり大会の直前より練習開始。

 

走るのは大切、だそうだ。足腰が強くないと。

今年からは、ちゃんと普段から走りましょう。去年もそう思ったけど、今年はちゃんと走りましょう。

と、大会直後は思っている母でした^^;

 

「野球」も「マラソン」も全く関係なし。どこかへ行くと、どこへも寄らずには帰れない私。大会会場の通り道「道の駅」にて、名産のれんこんを使用した「レンコンの蒲焼」を購入。もちろんその場で食べる。疲れた体に甘めのタレがいい感じ!

 

ページツリー

ページ最上部へ戻る