そう!その、岡崎リーグさんが来てくださった日、マイナーではもうひと騒動あったんだった!

‥試合の準備のためにグランドにラインを引いて下さってたお父さんが、カエルを見つけた。「お。カエルだ!」

えっ?カエル!?

キャッチボールをしてたのに、真ん中を横切ってダッシュで彼はやって来た。

Hは、いっつもグランドで、虫やらなんやらを捕まえている。もちろん、野球をしに来てるんだけど、虫捕りもしに来ている。ちなみに、シュールな自作の歌も上手い。いつまでも耳に残る、名作の数々。時に、振り付き。

合同練習でも披露しているので、たぶん名古屋のマイナーリーガーの半分くらいは彼の才能を知っている。

自由をこよなく愛す彼は、可愛くて、面白くて、大人にもリーガーにも人気者!

 

練習を中断してダッシュしてきたかいがあって、カエルは見事にゲットできた。おめでとう♪

でも、さすがにこれから試合だし、カエルのために帰るわけには‥。どうしたんだろ、カエル。

 

「H、カエル、どうした?」試合のあとに聞いたお母さん達に、とぼけた顔して彼は答えた。

「‥逃しマシタ。」

んなわけなくて、カエルは彼のカバンの中に大事にしまわれてた。お疲れ、カエル。

砂まみれになりながらも逃げきれなかったカエルは、H宅に連れて帰られることに。

大の大人が寄ってたかって、カエルのお持ち帰りの準備に盛り上がってる。

ペットボトルを切って、お持ち帰りバックのできあがり〜♪‥入れようとしたら、ペットボトル持ってたTお母さんの手にカエルがジャンプ!激突。

「ギヤ〜!!」というTさんの声と共に、なぜか全員で走り出す、母達(^^;;そして、なぜか私の袖でその感触を拭う、Tさん(゚o゚;;

あ〜面白かった。カエルはHの家でダンゴムシを食べているらしい。まだ元気にしてるかな?

 

上)あっちむいてホイ!も全身全力

下)こうやってメジャーの試合を見ている時も、後ろの枝の山で創作活動中(ただいま本人不在)

ページツリー

ページ最上部へ戻る